登場人物紹介

 

ゲーム制作会社「ムーンスター」の部長。マルコ・D・リュウジ(仮名)

社長と人事以外、彼の本名を知らない。アニメ、マンガ、ゲームオタク

 

 

ゲーム制作会社「ムーンスター」の平社員。口下手な営業マン、佐々木 健二 (ケンジ)

営業成績は最下位。アニメやゲームに興味はないが、知識だけはある

 

 

 

真夜中でも明かりが灯る、眠らない街、東京。

そのマンションの一室で、2人はある相談をしていた。

 

リュウジ

お前に頼みたいことがある。

ケンジ

・・・仕事、ですか。

リュウジ

ああ。お前にしか頼めない、大事な仕事だ。

ケンジ

・・・何ですか?

リュウジ

実は、ここに「お宝」があるという噂がある。それを一緒に探してほしいんだ。

ケンジ

わかりました・・・って、ここ部長の部屋じゃないですか!

 

いかにも何か出そうな、禍々しい雰囲気の部屋がそこにはあった。

 

リュウジ

そうだ。ここに「お宝」が眠ってると思うんだ。

ケンジ

・・・お宝って何ですか?

リュウジ

100万円当選した宝くじだ。

ケンジ

何であんな大事なもん、なくすんすか!!

リュウジ

さあ?わからん。

ケンジ

わからんって・・・とにかく早く探しましょう!

リュウジ

探すったって、この汚い部屋じゃな~。

ケンジ

(自分でいうんかい!)じゃあ、まず部屋を片付けましょう。

リュウジ

え~?めんどくさい。

ケンジ

・・・お宝、見つけなくていいんですか?

リュウジ

わーった!やる、やるってばよ!

 

こうして2人は、秘宝を探すため、部屋を片付けることになった・・・。

 

→ 第1章~コンセプト~ に進む

→ 目次ページへ